バス業界についてテレビで気になる企業を見つけました。

それは、タイトルにあるWILLER(ウィラー)です。

安くて快適なバスを自社開発のシートで実現しているとのこと。

飛行機のファーストクラスのようなシートもありました。

快適さだけではなく、安全面も配慮していると社長の村瀬氏よりありました。

事故の原因となる心疾患や脳疾患を早期に発見するために会社負担で検診をしたり、食生活を社員食堂で改善したりといったことや眠気を感知する装置を運転手が付け、異変があれば管理センターから映像確認をし、指示を出したりといった対策をとられているのには、安心しました。

窮屈で不安のあるバス旅行が、この会社のバスであれば快適に過ごせると思える内容でした。

今後、是非乗ってみたいなと思いました。

1階が厨房になっているレストランバスなど、新しいバスの運営もされているとのこと。

どんどん新たな快適さやサービスを生み出してもらいたいと思います。

電車、飛行機、バスなどの移動手段がありますが、価格競争だけではなく、村瀬社長の目指すようにサービスでの競争もきちんとしてもらえれば、日本の旅行の魅力はさらに増すと考えます。

先日、ピーチを利用しての沖縄旅行に行って来ましたが、十分快適でした。

これから経験にお金を使う人たちがどんどんと増えてくるでしょう。

それを支える会社であることは間違いないと思います。

バス旅行もしてみたいですね。

人生の時間は限られています。

何にその時間を使うかです。

僕は、読書、勉強などに時間を使っています。

そしていろいろな体験にも時間を使っています。

今日は、勉強に一番時間を使いました。

少しずつの積み重ねが大切だと思います。

企業については、投資の感を養うために今後も勉強を重ねていきたいと思います。

ウィラーという企業には、好感がもてました。

株価の経過についてもみていきたいなと思います。