4月7日放送のウラマヨで、紹介されていた大阪市西淀川区にある会社「株式会社トライアード」が作ったメモ帳に注目しました。

OMOSHIRO BLOCKというメモ帳で、めくっていくと最終的に清水寺や東京タワーなどのオブジェに残った紙がなるとのことで、最後まで使った際にその魅力が分かります。

設計会社で、建築模型の面白さを分かってもらいたくて製作をしているとのことで、販売は東急ハンズ新宿店と梅田店のみの取り扱いとのことです。

文房具好きの僕からすると、使い終わった際の出来上がったオブジェの魅力はたまらなかったです。

精密な設計のためレザーでデザインを作成し、手作業で積み重ねていって、ブロック型のメモ帳になるとのことです。

僕は文房具にこだわりがあり、中でも手帳とボールペンはお気に入りのを使用しています。

手帳はFILOFAXのA5型のブラックのレザー製の物、ボールペンはオロビアンコのボールペンの赤と黒の2色とシャープペンシルが一体になった物です。

これで予定や目標を書いたり、思い出や目標のスクラップをしたりしています。

使う物には愛着をもっています。

今回、紹介されたメモ帳は海外の旅行者にもぜひ知ってもらいたいと思いました。

日本の名所をメモ帳で再現できる発想と技術力は値段に劣らない魅力があるからです。

プレゼントやお土産に喜ばれること間違いなしです。

テレビを通してみただけで、その精密さに驚きました。

紙でそこまで細かく再現できるのかということにです。

もし皆さんも興味があり、知らない人がいれば紹介してあげると、何か特別な時のプレゼント候補になると思います。