今回はメンターについてです。

突然ですが、あなたにはメンターがいますか?

まずメンターという言葉を聞いたのが初めての方もいらっしゃると思うので、メンターとは何かを説明します。

メンターとは、自分を導いてくれるアドバイスなどをくれる人のことです。

普通の人であれば、子供なら塾や学校の先生、大人であれば上司や先輩がメンターになることが多いと思います。

ですが今回はそれ以外の、自分が望んでなってもらったメンターについて書きたいと思います。

僕の好きな本田健氏の著書、「ユダヤ人大富豪の教え」は3巻まであり、そこで本田氏が出会ったメンターについて書かれており、メンターの必要性がよくわかる内容になっていたと思います。

成功をしたいのであれば、どの分野でもメンターは必要だと書籍を読んで気づきました。

僕自身現在一つのスモールビジネスを所有しており、現在は稼働してはいませんが、それを作るまでにメンターに相談をし、きちんとアドバイスを受けてビジネスを構築しました。

僕のメンターは、元は公務員で、現在は起業をされている一つ上の方です。

その方のセミナーに参加をしたり、ビジネスのアイディアがあれば相談をしたりさせて頂いています。

皆さんも気づけば、あの人がいてくれたおかげで今の自分があると感じる人もいるかと思います。

そういった方は、メンターである可能性が高いです。

今回僕が伝えたいのは、明確な目標を持って、引き寄せて出会ったメンターの重要性です。

何かをするときに、こういう人に教わりたいと思ってメンターになってくれる人を探すのも今の自分に必要だと思いました。

メンターは一人は限りません、それは本田氏の著書を読んで頂ければわかると思います。

僕が次に求めるメンターは、人生について指導をしてくれる存在です。

そうした人をどうやって探せばいいかと考えてみました。

そこで別のメンターに教わったのが「引き寄せの法則」です。

自分が具体的に求めている人がいればメンターに出会える確率は、ぐっと上がります。

僕自身今のメンターの方の指導には満足しています。

しかし、これからさらに飛躍していくためには、他の方にメンターになってもらう必要を感じました。

皆さんも何かで成功をしたいと思ったり、壁にぶつかった時は、この「引き寄せの法則」を信じて、自分の望むメンターに出会えることを祈っています。

僕でよければ皆さんのメンターにいつでもなります。

そういった事も自分の自己研鑽として必要だと考えています。

これからもいろいろな出会いを大切に生きていきたいと思います。

今回も読んでくださり、ありがとうございます。